理事長あいさつ

皆さま新年明けましておめでとうございます。
謹んで年頭のお祝いを申し上げます。旧年より皆さまには、センターへの多大なるご理解とご支援を賜りまして、誠にありがとうございました。

現在円安が進行し、働く方の所得は停滞する一方で、身の回りの商品は値上げを繰り返しています。また、政府はこの対応策として、電気・都市ガスの負担軽減策やガソリンの店頭価格を抑える補助金の追加などを行うことで、国民生活を支えようとしています。私どもシルバー人材センターにとって、この新年はとても重要な年となることでしょう。その理由のひとつとして、インボイス制度の施行があります。我々にとって、大きなハードルとして目前に迫っております。法令を遵守し、その中でセンターの価値を高め、地域に求められる組織となることを目的に取り組んでまいります。

また、もうひとつの大きなポイントとして「適正就業」の徹底があります。センターでお受けする仕事の多くは「請負契約」です。関連する法令に準拠するために、常に状況を確認し不適正な就業実態の場合には、即時是正を図っていきます。

10月末日時点での事業実績を見ますと、昨年同月と比較して102.8%で推移しております。

次の項でもご報告しますが、昨年はWithコロナでの各種講習会を実施しました。信頼できるセンターづくりに努めることで、お客様に求められる組織を目指します。

令和5年4月より会費の夫婦割引制度が始まります。この制度は、現在既にご登録されている会員はもちろん、新たに入会される方にも割引(2人目半額)が適用されます。たくさんの方にご入会いただき、センターの事業を盛り上げていきます。みなさまにもお知り合いの方々にお声をかけていただき、入間東部シルバー人材センターとともに、今後の豊かな人生を歩んでいただければと願っております。

前の記事

専門委員会活動報告